転職ノウハウ


採用方法の多様化

採用方法は多種類あります。

したがって、企業規模が大きくなればなるほど、複数の採用方法を使うのが一般的です。


1新卒と中途

企業規模が大きくなれば、新卒も中途も採用するのが一般的です。

2転職サイト

転職サイトの利用が一般的。

原稿内容は要注意。

自社の経営戦略と原稿内容の整合性を論理的に考える。

3転職エージェント

大手転職エージェントと専門特化型転職エージェントの使い分け。

 

①大手転職エージェントの特徴

大手は、キャリアコンサルと求人企業への営業(=人材コーディネート職)を分けています。

大手は、とにかく数(質ではなく)で勝負しています。

キャリアコンサルが求職者の数をとり、営業に渡す。

営業は、求人票の内容に形式的に合致していれば、求人企業に送る。

また、営業職は20代が多く、経験不足感は否めない。

 

結論:数が必要であれば、大手転職エージェントに依頼

 

②専門特化型転職エージェント

キャリアコンサルと人材コーディネートを同じ社員が行っていることが多い。

20代から60代まで、社員の年齢はバラバラ。

専門性が高いため、より精度の高いマッチングが可能。

社員数は、小規模から中規模が多い。

 

結論:マッチングの精度が必要であれば、専門特化型転職エージェントに依頼

4自社サイトの利用

自社サイトからエントリー。

5人脈採用

メリット:

費用がかからない

お互いの信用があり、会社にフィットしやすい

帰属意識を高く保てる可能性がある。


デメリット:

公平な人事評価が難しく、不公平感が生じやすい。