転職ノウハウ


ヘアメイク

1メイク

メイクによって、見た目に差が出ます。面接官から見て一番わかりやすい外見上の差になります。メイクを頑張るのは、非常に重要なことです。

ナチュラルメイクが基本です。


①健康肌を保つ(スキンケア&メイク下地)

化粧水→乳液→下地クリーム→ファンデーション


②ファンデーション

ファンデーションは時間がたつと明度が落ちるため、気持ち明るめの色を選ぶ

パウダリータイプとリキッドタイプがありますが、初心者はパウダリータイプが簡単でオススメ!

ファンデーションは必ず試し塗りをしてから購入しましょう。

ニキビやシミは、コンシーラーでカバー!


③眉メイク

眉山は黒目の外側の延長線上くらいに。

ペンシルタイプで点を描き、その後つなげていく。

何度か練習して、自分に似合った眉の形を探しましょう。

きりっと見せたい、優しく見せたい、元気に見せたいなど、目的に合わせて眉メイクを変えるのも手です。


④アイメイク

アイシャドウの色は茶系がオススメ!

アイホール全体に明るい色をのせ、次に中間色をのせ、最後に濃い色を2~3ミリ程度塗る。

ビューラーで、まつ毛はしっかりカール。 マスカラを塗る。

ラメやパールなどの派手なメイクはやめた方が無難です(一部のファッション業界を除く)。


⑤チーク&リップ

チークはほほのやや上からこめかみに向かい頬骨に沿って楕円状に塗る。

丸く塗ると子供顔になります。頬の下に塗るとおばさん顔になります。

チークの色は、コーラルピンク(ピンクとオレンジの中間色)がおすすめです。

リップは、ピンクかベージュ系がオススメ!


⑥業種別メイク法

営業職(元気系):まつ毛はばっちりカール。眉毛は気持ち太め。

金融系(まじめ清楚系):ニキビや目の下のくまは、コンシーラーで隠す。

総合職(知的系):少し長めの眉。オレンジベージュ系のチーク。


⑦その他

小振りで携帯しやすい化粧直しアイテムを持ち歩きましょう。

真夏は暑いので、ウォータープルーフが良いでしょう。

2ヘアアレンジ

「さわやかさ」がポイント!

業界によってはある程度の茶髪はOK。


髪を結ぶ:耳の横の高さで結ぶと明るい感じになる。

ピンで留める:前髪やサイドを目立たないピンで留める

固める:サイドをムースなどで固めておくと、お辞儀をしたときにもくずれない