転職ノウハウ

履歴書の書き方

履歴書は、求職者自身を表す最も重要な書類です。
細心の注意を払い、自分の中で完璧と思える履歴書を作成しましょう。


下記に履歴書の書き方について詳しく紹介していきます。


1履歴書の書式

ワードかエクセルが一般的です。


ただし、誠意を見せるために手書きにするのは良い方法です。字の綺麗下手ではなく、丁寧に心を込めて手書きすると良いでしょう。修正液・訂正の2重線はしない方が得策です。


人事にアピールしたい項目が網羅されている書式を使用しましょう。

パッと見、綺麗かどうかが人格を象徴します。

2記載欄別の注意点

①学歴・職歴欄

タイトルとして「学歴」「職歴」を記載。

学歴は高卒から記載する方も多いと思いますが、自分の履歴ですから、自信をもって、小学校卒業から記載しましょう。

職歴欄ですが、所属部署や配転は記載しない(職務経歴書に記載)。


②免許・資格欄

取得したすべての資格を記載するのではなく、応募先に必要と思われるもの、応募先が評価する資格のみ記載。


③志望理由欄

自分からの視点ではなく、応募先の人事から見て採用したくなる内容を具体的に記載。

応募先企業にどう貢献できるのかをさりげなくPR。


④本人希望欄

希望職種は募集要項に合わせて記入してかまいませんが、希望年収・残業なしなどは記載しない方が無難です。

自分の希望を記載するのではなく、応募先企業が採用したくなるような希望を記載してください。

3退職理由

誰が見ても明らかに正当なものは記載しても良いかもしれません。

それ以外の場合は記載しない方が無難です。聞かれたら口頭で説明しましょう。

4最終確認

書き終えたら、下記事項について最終確認をしましょう。


◎日付は抜けていないか

◎写真は曲がっていないか。サイズは合っており、枠からはみ出していないか。

◎印鑑はまっすぐ押されているか

◎誤字脱字はないか

◎その会社用にカスタマイズされているか

◎全部の欄が埋まっており、空白がほとんどないことを確認

◎自分の視点ではなく、他の応募者より優れており、人事から見て採用したくなる履歴書になっているか