転職ノウハウ

職務経歴書の書き方

転職活動をするに際し、非常に重要なのが職務経歴書です。


下記に職務経歴書の書き方について詳しく紹介していきます。


1実務経験や資格の書き出し

これまで経験してこられたあらゆる仕事の実績・成果、勉強してきた資格、身についた知識・技術、などを箇条書きにしましょう。

2実務経験や資格を整理し、自分の強みと弱みを認識

箇条書きにした項目を、整理しましょう。

職歴ごとにまとめた上で、自分の強みと弱みを客観的に認識しましょう。

またやりたいこと、やれること、入れそうな業界・業種・会社名・会社の規模を再確認しましょう。

転職の目的と整合性も考えましょう。

3視覚的にも内容的にも読む側(人事側)の視点で作成

きれいな読みやすい、かつ、人事から見て採用したくなる、職務経歴書を作成しましょう。

4職務経歴書の書式

Word か Excel でご作成ください。


5職務経歴書のボリューム

A4用紙で1~2枚。簡潔にわかりやすくポイントをついた職務経歴書をご作成ください。

3枚以上はお勧めできません。人事(中小企業の場合は経営者)は忙しいため、そんなに細かいところまで目を通してくれません。

6職務経歴書の文字

フォントは「MS明朝」「MSゴシック」、サイズは10~11ptを使用しましょう。

タイトル・見出しはサイズを大きくしたり太字に変えたりと、メリハリをつける工夫をしてください。

7職務経歴書の内容は、実務能力そのものです

職務経歴書がわかりやすくきれいな方は、わかりやすくきれいな書類を作成する能力があるということです。

職務経歴書の量が多すぎたり少なすぎたりする方は、相手の立場になって考える能力があまりないと判断されやすいです。

職務経歴書が、論理的に構成されていれば、論理的な考え方をする性格と判断されます。

職務経歴書から退職理由・転職理由を人事は判断しようとします。

職務経歴書の内容が、求人企業用にカスタマイズされていれば非常に好印象ですが、どの会社にも当てはまる内容のみでは、人事に訴求しません。